スティーヴィー・ワンダーはモータウンで育った。そこには優れたジャズ・アレンジャーが数多く居た。だから、スティーヴィー・ワンダーの音楽はリズム・アンド・ブルースでありながらも、シンプルなジャズを感じる音楽になっている。そして彼が育つと、ミニ・ムーグというシンセサイザーが登場する。彼はそれまでに聴き育った管楽器の音をそこに探すようになる。

oheso

地方に生まれ、風俗が地場産業の熊本で育ち、幼い頃から身近な存在だった。大人たちの赤裸々な姿を見ながら遊んでいたので、見よう見まねから始まって自然と男と女の体験は数えられず、風俗の中で暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です