音楽の法律顧問カールベーム。

カールベームがDECCAに遺した代表的名盤。ロマン的な情緒をたっぷりとたたえた荘厳にして崇高な演奏で、1974年度のレコード・アカデミー大賞を受賞した不滅の名盤。ベームの指揮は「音楽が湧く」と言える。つまりベームによって、音楽が自ら奏ではじめるのである。すなわちベームによる演奏の魅力は、楽譜に忠実で作曲家の意志に従う事に努めること。音楽作品での一つ一つのテンポをどのように取るかフィナーレでのクライマックスでどのようにして全能力を発揮させるかということについて、全体を見回したうえで解釈がしっかりまとまっている事である。

★2004年英デッカ制作DSDマスター使用

oheso

地方に生まれ、風俗が地場産業の熊本で育ち、幼い頃から身近な存在だった。大人たちの赤裸々な姿を見ながら遊んでいたので、見よう見まねから始まって自然と男と女の体験は数えられず、風俗の中で暮らしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です